本文へスキップ

Cattery 7STORMは、メインクーン専門のキャッテリーです。

お問い合わせは下記バナーの CONTACT よりお願いします。

ABOUT US〜cattery 7storm〜

cattery 7STORMについて

Cattery 7STORMは、TICA(The International Cat Association)およびCFA(The Cat Fanciers' Association)に登録されたメインクーン専門のキャッテリーです。
スタンダードは主にTICAのスタンダードに則ったブリードをしており、キャットショーはTICA ASIA REGIONへの出陳をしております。

所在地は群馬県になります。
伊香保温泉まで20分程度の場所にあり、榛名山の麓の自然の多く残っている環境で繁殖をしています。
庭先をタヌキ・キツネが歩いている事は当たり前。夜になればフクロウが鳴いたり、天気のいい日にはキツツキが木を叩く音がしたり、カワセミが庭先に訪れて来る事も…。
とにかく『自然豊かな環境』と言わざるおえない場所にありますので、冬場の積雪がある時期は、子猫の見学に来て頂く事が出来ない場合もある位です。


交配・出産に付いて

繁殖に付いては、健康を重視した繁殖を心掛け、過去の交配データーなども参考にしながら、スタンダードに沿った交配を行うように努めています。

繁殖に用いる子達は、男の子は5歳まで、女の子は最大で5回の出産に留める様にしています。
女の子の出産は年1回を基準にしていますが、多くても年2回、また、年2回の出産を行った場合は1年以上のインターバルを設けて交配・出産をさせています。

女の子の出産は次世代に繋がる子が生まれ次第引退をさせていますので、5歳までに引退する子がほとんどです。
そう言った子の多くは5歳までに新しいお家を探していますが、5歳を過ぎた子はよほどの事が無い限り新しいお家へ行かず、我が家で終始飼養に徹しています。

子猫に付いては譲渡条件のページを参考になさってください。


ブリーダーに付いて

ここでは私に付いて少々…

私がメインクーンと言う猫に初めて出会ったのは小学生の頃。
前橋市内の近所にあったペットショップでした。

今思えば、メインクーンと言う猫に憧れる様になったのはその頃からだと思います。
20代前半にブラウンクラシックタビーの男の子を譲り受ける話もあったのですが、初めてメインクーンを飼う事になったのはそれから10年も経った30代半ばでした。
それがBLACKSOLIDの『BLACK STORM』呼び名は玉三郎と言う猫でした。
メインクーンを初めて見た頃からすれば、20年越しの念願達成でした。

ブリードを始めたのは2009年の冬。
『こんなタイプのメインクーンが欲しい』と言う思いが『こんなメインクーンを輩出してみたい!』に変わるまで、そう多くの時間は掛かりませんでした。
もちろん玉三郎でキャットショーを経験していたからこその思いでしたが、ショーも辛い事もあれば楽しい事もあり、それも含めて『ブリーダーなんだ』と言う事を教えてくれる方が多くいたからこそ、そんな思いを抱いたんだと思います。

家族はブリードに関して多くの意見を言ってくれる、最大のパートナーである夫、とにかく明るくて、とにかくうるさい(笑)3人の娘がおります。
長女は既に結婚して2児の母、次女も子供1人がいますので、3人の孫にも恵まれました。

多くのメインクーンの中に、たった1匹の短毛・ポンポン尻尾・ポインテッドの元野良の瑠璃、
たった1匹の犬・ウエストハイランドホワイトテリアのベリーがおります。
あとは、メダカに金魚にどじょうにザリガニに(ここまでは三女のペット)、ニホンイシガメのガメラが2016年から参入しました。
ニホンイシガメはブリーダーから有精卵を譲り受け、我が家で孵化した亀です。

趣味は・・・釣り・車の運転・ガーデニング。
釣りは淡水であればなんでも!海はまだまだ初心者ですが、いつかはエギングがしてみたい!!
車の運転はその昔、サーキットを走るのが趣味だった頃もあります。またバイクも好きです。
ガーデニングは主にバラ!集めに集めたバラは30種を超えました…(汗)

とにかく多趣味で、とにかく新しい事に挑戦するのが好きなので、今後も何かしら始めるとは思いますが、家族からは白い目で見られている毎日です…。


キャッテリー概要

キャッテリー名
Cattery 7STORM
代表者
片田
所在地
群馬県北群馬郡
登録番号
販売 群馬0315-30033-001
登録日
2010年04月22日
登録の有効期限
2020年04月21日

shop info店舗情報

Cattery 7STORM